プロフィール

プロフィール

ミスカトニック

スピリチュアル・カウンセラー

占い師

認定心理カウンセラー

IHF、NGH、ABH、ITTO認定ヒプノセラピスト(催眠療法師)

NLPマスタープラクティショナー

福祉事業コンサルタント

心理カウンセラーとして対人支援を行い、その後に占い師、スピリチュアル・カウンセラーとしての活動を開始。

占い師、スピリチュアル・カウンセラーとしてのセッション数は25,000件以上にのぼる。

また、某占い会社では2年連続殿堂入りを果たしている。

占術

スピリチュアル・カウンセリング/チャネリング/エネルギーヒーリング/祈祷/前世リーディング/ツインレイ/ツインソウル/魔術祈祷/サイキックリーディング

心理カウンセラーとして

専門心理療法は、認知行動療法と来談者中心療法。

主に依存症(アルコール、ギャンブル、薬物、共依存等)とうつ病、双極性障害、パニック障害、摂食障害のケアを行う。
また、2年間ホスピスにてターミナルケア(終末医療)の現場でのカウンセリングの経験もある。

SNS

以下のSNS(Twitter/ インスタグラム/ Facebook/ YouTube)で、最新情報などを投稿しておりますので、よろしければご覧になってください。

ご覧になりたいSNSのアイコンをクリックしてください。

趣味等

ジャズ、プログレッシブロック、ヘヴィメタルをこよなく愛する。
10代の頃はプロのミュージシャンを目指してベースギターの腕を磨いていた(いまでもすごく下手だけど)。
ペットとしてネコを2匹飼っており、何よりの癒しになってもらっている。
好きな食べ物は、鮭とジャガイモ、鶏肉。
嫌いな食べ物は、オクラ。
また読書家であり、増え続ける本の山に頭を抱えている。
お酒も大好きで、ウィスキーを好んで飲む。また飲むと機嫌が非常に良くなる酒癖を持っている(最近は忙しいので、飲む暇がないけど)。

経歴

元々、地元では有名な狐憑きの伝説がある家系に生まれ、普通の人では見ることのできない霊的な存在を普通に見ることが少々気の頃からできていた。

しかし、それが特別な物とは全く思わずに、ごくごく普通の事として認識していたが、小学校の頃に、それが普通の人には見えないものだと知って衝撃を受ける。

18歳で洗礼を受けクリスチャンとなり、キリスト教神学を学ぶようになる。

20歳の誕生日の時、「大いなる存在」と交わるという神秘体験を経て、それ以降の数年間、日常的に神秘的な体験をするようになり、一時期「スピリチュアル・エマージェンシー」の状態となる。

そして、23歳の時に覚醒体験を経て、スピリチュアリストとしての能力が確立されるようになるのと同時に、キリスト教にとらわれない世界観を持つに至る。

社会人としては、建築・不動産関連の業界でマーケティングや法務の仕事に従事。そこでビジネスの基本を叩き込まれる。

30歳の時に人材派遣会社に転職。それを機にキャリア・カウンセラーとして対人支援の仕事に従事。同時に認定心理カウンセラーの資格を取得。退職までの2年間の間に、約500名の方のキャリアや心理的な問題と向き合う。

32歳の時、人材派遣会社を退職。心理カウンセラーとして独立開業をし、主に法人を対象にEAP(従業員援助プログラム)やメンタルヘルス講習会の実施などを行う。

また個人での対人支援においては、なぜか依存症の方からの依頼が多かったため、依存症ケアを中心に心理カウンセリングを実施。

32歳の時、友人の勧めで占い会社のオーディションを受ける。当時、全く占いの技術を持っていなかったが、結果は合格。

その後、昼間は心理カウンセラー、夜は占い師、スピリチュアル・カウンセラーとしての活動を開始。

占い師、スピリチュアル・カウンセラーとしてはクライエントから高く評価され、デビュー後半年で予約3か月待ちの状態に。

また、当時の占い師名の名義で著書を3冊出版。さらにテレビ等のメディア出演を行うようになる。

その後、社会貢献の意識から認知症専門の介護施設を設立。その運営に従事後、高齢者や障がい者に関わる福祉事業を対象として、コンプライアンス(法令順守)と人材育成のコンサルタントとして活動。共著と言う形で書籍を出版。

また占い師、スピリチュアル・カウンセラーとしての活動も継続しており、某電話占い会社では2年連続で殿堂入りを達成している。

スピリチュアル・カウンセラーとしては2021年に「スピリチュアル・カウンセラーになって豊かに成功する教科書」を出版し、高評価を得る。

現在は、心理カウンセリングと占い師、スピリチュアル・カウンセラーとしての活動を行いつつ、スピリチュアル・カウンセラー、占いカウンセラーの養成に注力している。